blog index

「森林で働く」(ぺりかん社)公式ブログ

新刊「木と森にかかわる仕事」はこちら!

「森林で働く」(ぺりかん社)著者の運営する公式ブログ。森林破壊を防ぎ、林業と環境の仕事で自然とともに暮らすロハスでエコな人のために。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


自然の話題が満載です。
| スポンサードリンク | - | | - | - |トップページへ|
INCRA=森林地域の農場検地=政府と生産者の見解差を懸念
ブラジル国内ニュース
ニッケイ新聞 2008年2月20日付け

INCRA=森林地域の農場検地=政府と生産者の見解差を懸念


 アマゾン熱帯雨林に属し森林伐採が激しい三十六郡で面積の大小を問わず農地の再登録と耕作状況の点検を行うと農地改革院(Incra)が十八日、明らかにした。同地域の地主は、四月二日までに要求書類をIncraへ提出するよう指示と十九日付けエスタード紙が報じた。
 書類提出を怠った地主には、農地の賃貸や抵当、売却を禁じるという。書類は前所有者からの土地購入契約書、測量図、農地内申書、農地のGPS(全測位)システム・データ、耕作責任メモ(ART)など。再登録の対象となる土地所有者の召喚は三月三日、官報で公布される。
 特に外国人によるラランジャ(名義賃貸人)を使った広範囲の土地買収を調べるのが、Incraの狙いらしい。最近注目されるのは、バイオ燃料生産のため大規模な農地買収で大資本が動いていることだ。
 問題の三十六郡は、書類不備によって伐採抑制を試みるようだ。再登録によって農地の合法化手続きが終わるまで、数々の締め付けがある。これだけ多数の書類提出を求めながら、これらの書類は農地の所有権認定ではないという。
 一方、関係者は、熱帯雨林地域の農場検地が必要であることを認めた。しかし、Incraが求める農地再登録の規定は厳しく、履行できる生産者は殆どいないと見ている。これまで無法地帯であった同地域にGPSシステムを持ち込み、容認誤差は五十センチ以内といっても即時対応は困難と思われる。
 外国人の農地所有制限を行っても、不法伐採を行うのはブラジル人だ。Incraが前時代から抜け出したのはよいが、複雑で精密なシステムへと先走りすぎる。生産者と農地占拠者の摩擦に環境問題も一度に解決しようとして、トラブルを起すことが憂慮される。



JUGEMテーマ:環境問題



自然の話題が満載です。
| 大成浩市 | 森林で働く | 22:50 | comments(0) | trackbacks(5) |トップページへ|
レビュー発見
拙著のレビューをネットで発見。

http://review.rakuten.co.jp/item/1/213310_11515221/1.0/

うれしいね〜

自然の話題が満載です。
| 大成浩市 | 森林で働く | 00:34 | comments(0) | trackbacks(0) |トップページへ|
作業確認写真
除伐確認写真

森林組合で働いていたときの写真です。作業が完了するたびに、このような写真を撮って補助金申請書をつくるのが仕事でした。

雪の中の間伐確認

仕事が遅れると、ときには雪のなかでも写真を撮りにいかねばならなかったのです。

自然の話題が満載です。
| 大成浩市 | 森林で働く | 09:20 | comments(0) | trackbacks(0) |トップページへ|
国有林における違法伐採
尊敬する森林ジャーナリスト田中淳夫さんがブログで、国内の違法伐採について書かれているが、こういう現場を見てしまったことがある。
場所は某県の国有林内だったと思う。樹齢数百年と思われる広葉樹、おそらくクスノキを伐採していた。おそらく闇の業界の人たちだと思う。

違法伐採というと海外のことのように思われるかもしれないが、実は貴重な日本の巨木も違法に伐採されているのだと思う。木材価格が安いとかいわれるが、銘木はいくら高くても買う人は買うのだろう。

国有林は人手不足でとても管理どころではないから、なんとも防ぎようがないのかもしれない。残念なことである。

自然の話題が満載です。
| 大成浩市 | 森林で働く | 15:54 | comments(1) | trackbacks(1) |トップページへ|
高性能林業機械
高性能林業機会
それほど高性能というわけでもないのですが、普通の重機よりも林業に適したアタッチメントを備えた機械です。
こういう機械がバンバン山の中に入っていくと、林業で働く人もずいぶん楽になると思いますが、高級車並の値段がしますし、日本の林業現場は急峻なので、なかなか入っていけないのです。
でも、10年前から比べるとずいぶん現場で見かけるようになりました。操縦する若い人たちが林業に入ったことも大きいのだとおもいます。

自然の話題が満載です。
| 大成浩市 | 森林で働く | 15:04 | comments(0) | trackbacks(0) |トップページへ|
林野庁花粉対策事業偽装
間伐する予算が欲しかったということでしょうね。
http://www.nikkei.co.jp/news/shakai/20060222AT1G2102O21022006.html

まあ、国有林問題にしろなんにしろ、林野庁は偽装し続けてきたわけです。
拡大造林政策というのも、30年くらい無能無策を続けてきたのですから、もう国の林業政策というのはやめてしまってもいいのではないかと思います。
道州制を待たずとも、森林・林業政策は地方自治体に委譲して、地域主導でやっていったほうがいいでしょう。
これまで、国の政策代行機関でしかなかった地方自治体が主体的に林業政策を行うには、そうとう奮起してもらわないといけませんが、少なくとも地域住民を欺くようなことは難しいと思います。


自然の話題が満載です。
| 大成浩市 | 森林で働く | 00:57 | comments(0) | trackbacks(0) |トップページへ|
雪降る旭川に来ています
執筆以外の仕事で、森林活用コンサルタントというのをしています。どんな仕事かというと、森林を市民や企業で利用するお手伝いで、森林のプロデューサーのような仕事です。
そんな仕事している人は、世の中で僕一人くらいだと思います(^^;が、おかげでいろいろな人にめぐり合いました。
今は、北海道の森林活用をがんばっています。

自然の話題が満載です。
| 大成浩市 | 森林で働く | 04:28 | comments(0) | trackbacks(0) |トップページへ|
ご感想ご質問受け付け
「森林で働く」のご質問、ご感想をいただけるとありがたく思います。
どんな些細なことでも、コメント欄に記入してください。

自然の話題が満載です。
| 大成浩市 | 森林で働く | 20:34 | comments(1) | trackbacks(0) |トップページへ|


環境ブログ
環境問題の今! がわかります。

にほんブログ村 環境ブログへ
サイト訪問者はマイミク歓迎!
mixi ID = 25394

森を創る 森と語る
森を創る 森と語る (JUGEMレビュー »)
C.W. ニコル,今森 光彦,中村 桂子,筑紫 哲也,永 六輔
悪化する都市の環境と,放置され,失われていく各地の自然.モノに取り巻かれた生活の破綻が見えてきた今,残された生態系-森とどうつき合えばよいのでしょうか.C.W.ニコル,筑紫哲也,今森光彦,永六輔,中村桂子,各界からのオピニオンリーダーがさまざまな経験と専門領域の知恵を力を込めて語った。
森と生きる 共生進化で持続可能な木の文明
森と生きる 共生進化で持続可能な木の文明 (JUGEMレビュー »)
稲本 正
植物は、太陽の光と水があれば、生きていける。しかし人間は、酸素を供給してもらい、食料を得なければ、生きていけない。人間は果たして、もっとも進化した生き物なのだろうか…。鉱物資源を掘り起こし、森林を焼き払い、大気を汚染している人間の行いは、“競争進化”の原理に基づいている。CO2の排出抑制をはじめとする環境問題の解決が急務の今、必要とされるのは、すべての「生命」を尊重する“共生進化”の思想だ。原子物理の世界を捨て、飛騨の山奥で工芸村・オークヴィレッジを立ち上げて30年。世界の森林地帯を訪ね、トヨタ白川郷自然学校の校長も務める著者がたどり着いた、人類を救う「木の文明」とは。
“林業再生”最後の挑戦―「新生産システム」で未来を拓く
“林業再生”最後の挑戦―「新生産システム」で未来を拓く (JUGEMレビュー »)
天野 礼子
日本の林業は今、森の再生が可能かどうかの“最後の局面”にある。だが、林業の再生に向けて動き始めている人たちもいる。林野庁も新流通システムと新生産システムというメニューをつくり、間伐材をしっかり使ってゆく「社会システム構築」のために動き出した。日本の山再生に向けた新たな動きと、それを支える思想をレポート。
木と森にかかわる仕事
木と森にかかわる仕事 (JUGEMレビュー »)
大成 浩市
待望の新刊出ました!この本では、木と森にかかわる10の仕事と人を紹介しています。
森がくれる心とからだ―癒されるとき、生きるとき
森がくれる心とからだ―癒されるとき、生きるとき (JUGEMレビュー »)
浜田 久美子
森と癒しについて書かれた最初の本ではないかと思います。著者自信の再生を通じて森の力を再発見できます。また、現在ご活躍の森林に関わる方々を紹介していらっしゃいます。
森づくりの明暗―スウェーデン・オーストリアと日本
森づくりの明暗―スウェーデン・オーストリアと日本 (JUGEMレビュー »)
内田 健一
きこり出身の岐阜県立森林文化アカデミー教官が、機械化林業の指針とされるスウェーデン等へ研修に旅立った。欧州林業の実情をレポートしながら、日本の森林に山積する問題点を総ざらいして、「森づくり」の未来を洞察する。
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

bolg index このページの先頭へ