blog index

「森林で働く」(ぺりかん社)公式ブログ

新刊「木と森にかかわる仕事」はこちら!

「森林で働く」(ぺりかん社)著者の運営する公式ブログ。森林破壊を防ぎ、林業と環境の仕事で自然とともに暮らすロハスでエコな人のために。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


自然の話題が満載です。
| スポンサードリンク | - | | - | - |トップページへ|
植林の様子

北都留森林組合の長田さんと、緑の雇用事業でやってきた研修生が植林をしています。植林地というのは、当然のことながら陽を遮るような樹木は伐採されたあとですから、夏の日差しが照りつけ増す。着ている服が焦げてしまいそうなくらいです。


こんな風に腰をかがめて、一日200本ちかく植えるのです。とんでもない重労働です。


苗木を現場まで運び上げて一休み。小一時間も苗木を担いで山を登りました。汗だくです。
長田さんたち若い人たちの他は、60歳を優に超えた高齢者の方々ばかりです。林業の現場は団塊の世代から20年くらい若い人たちがすっぽり抜け落ちた職場でもあるのです。

植林地は炎天下、休憩のときは日陰に入ります。

自然の話題が満載です。
| 大成浩市 | 北都留森林組合 | 18:19 | comments(0) | trackbacks(0) |トップページへ|
雨の中の林業体験
雨の中の林業講習
北都留森林組合では、林業体験講習をよく開催していらっしゃます。

この日は雨の中の講習で、現場まで40分くらい歩きましたが、参加者のみなさんがんばって歩きました。

皆さんも参加されてはいかがですか?

北都留森林組合のURL
http://blog.goo.ne.jp/kitaturu/
>アメの中の林業体験

自然の話題が満載です。
| 大成浩市 | 北都留森林組合 | 19:59 | comments(0) | trackbacks(0) |トップページへ|
朝の一こま
トラックに乗せた苗木を降ろす
「森林で働く」冒頭で登場していただいた、北都留森林組合の仕事の様子をカラーでお見せします。
このときの時刻は午前7時前だったと思います。トラックに乗せた苗木を長田さんが降ろしています。
早朝の山は少し寒いくらいですが空気が透明で新鮮でした。そろそろ、夏の陽差しが今日の暑さを予感させます。

自然の話題が満載です。
| 大成浩市 | 北都留森林組合 | 02:52 | comments(0) | trackbacks(0) |トップページへ|


環境ブログ
環境問題の今! がわかります。

にほんブログ村 環境ブログへ
サイト訪問者はマイミク歓迎!
mixi ID = 25394

森を創る 森と語る
森を創る 森と語る (JUGEMレビュー »)
C.W. ニコル,今森 光彦,中村 桂子,筑紫 哲也,永 六輔
悪化する都市の環境と,放置され,失われていく各地の自然.モノに取り巻かれた生活の破綻が見えてきた今,残された生態系-森とどうつき合えばよいのでしょうか.C.W.ニコル,筑紫哲也,今森光彦,永六輔,中村桂子,各界からのオピニオンリーダーがさまざまな経験と専門領域の知恵を力を込めて語った。
森と生きる 共生進化で持続可能な木の文明
森と生きる 共生進化で持続可能な木の文明 (JUGEMレビュー »)
稲本 正
植物は、太陽の光と水があれば、生きていける。しかし人間は、酸素を供給してもらい、食料を得なければ、生きていけない。人間は果たして、もっとも進化した生き物なのだろうか…。鉱物資源を掘り起こし、森林を焼き払い、大気を汚染している人間の行いは、“競争進化”の原理に基づいている。CO2の排出抑制をはじめとする環境問題の解決が急務の今、必要とされるのは、すべての「生命」を尊重する“共生進化”の思想だ。原子物理の世界を捨て、飛騨の山奥で工芸村・オークヴィレッジを立ち上げて30年。世界の森林地帯を訪ね、トヨタ白川郷自然学校の校長も務める著者がたどり着いた、人類を救う「木の文明」とは。
“林業再生”最後の挑戦―「新生産システム」で未来を拓く
“林業再生”最後の挑戦―「新生産システム」で未来を拓く (JUGEMレビュー »)
天野 礼子
日本の林業は今、森の再生が可能かどうかの“最後の局面”にある。だが、林業の再生に向けて動き始めている人たちもいる。林野庁も新流通システムと新生産システムというメニューをつくり、間伐材をしっかり使ってゆく「社会システム構築」のために動き出した。日本の山再生に向けた新たな動きと、それを支える思想をレポート。
木と森にかかわる仕事
木と森にかかわる仕事 (JUGEMレビュー »)
大成 浩市
待望の新刊出ました!この本では、木と森にかかわる10の仕事と人を紹介しています。
森がくれる心とからだ―癒されるとき、生きるとき
森がくれる心とからだ―癒されるとき、生きるとき (JUGEMレビュー »)
浜田 久美子
森と癒しについて書かれた最初の本ではないかと思います。著者自信の再生を通じて森の力を再発見できます。また、現在ご活躍の森林に関わる方々を紹介していらっしゃいます。
森づくりの明暗―スウェーデン・オーストリアと日本
森づくりの明暗―スウェーデン・オーストリアと日本 (JUGEMレビュー »)
内田 健一
きこり出身の岐阜県立森林文化アカデミー教官が、機械化林業の指針とされるスウェーデン等へ研修に旅立った。欧州林業の実情をレポートしながら、日本の森林に山積する問題点を総ざらいして、「森づくり」の未来を洞察する。
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

bolg index このページの先頭へ