blog index

「森林で働く」(ぺりかん社)公式ブログ

新刊「木と森にかかわる仕事」はこちら!

「森林で働く」(ぺりかん社)著者の運営する公式ブログ。森林破壊を防ぎ、林業と環境の仕事で自然とともに暮らすロハスでエコな人のために。
<< 森林浴が働く女性の免疫機能を高めストレスホルモンを低下 | main | 荒れる民有林、境界線は所有者にも分からず >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


自然の話題が満載です。
| スポンサードリンク | - | | - | - |トップページへ|
北いわてのスローツアー
2008年5月17日(土)〜18日(日):1泊2日
「森の生活入門講座 〜グリーンウッドワークによるスプーン作り〜

●対 象:大人(親子も可)、定員20名(先着順)
●場 所:森と風のがっこう(葛巻町)
※最寄の駅「いわて沼宮内駅」からの送迎有り
●参加費:15,000円(食費・宿泊費・保険料等を含む)


●森の人への第一歩は、まず木のスプーン作りから。
英国の伝統的木工法「グリーンウッドワーク」の「グリーン」という語には、「材料に生木を使う」・「環境にやさしい」という2つの意味が込められています。材料が柔らかい生木のため初心者でも加工しやすく、人力だけで作業ができるシンプルな木工法なので森の中でも作業ができます。今、日本中の森に捨てられている間伐材で、スプーンやお椀が作れるとしたら、あなたにも「森の生活」が始められるかも!
今回はグリーンウッドワーク協会代表の加藤慎輔さんに指導していただき、木のスプーンを作ります。間伐材を利用して風呂を沸かしたり、料理をしたり、スプーンをサクサク削ったり。豊かな森に囲まれた生活を堪能してください!

◆講師:加藤 慎輔(グリーンウッドワーク協会代表)
 1975年生まれ。2002年、イギリスにてグリーンウッドワークの第一人者、マイク・アボット(Mike Abbotts)氏から6日間の「Chair making(生木からの椅子作り)」の講習を受ける。本格的な生木を使った木工技術、人力の足踏みろくろを体験し人生観が変わる。以来、生木(グリーンウッド)を使った木工品の製作に没頭するかたわら、日本でのグリーンウッドワークの姿を模索。カタチある作品と同時に“作る楽しさ”も伝えたい、そんな想いで日々活動中。




自然の話題が満載です。
| 大成浩市 | ニュース | 00:07 | comments(0) | trackbacks(0) |トップページへ|
スポンサーサイト

自然の話題が満載です。
| スポンサードリンク | - | 00:07 | - | - |トップページへ|
コメント
コメントする


この記事のトラックバックURL
http://onari.jugem.jp/trackback/129


環境ブログ
環境問題の今! がわかります。

にほんブログ村 環境ブログへ
サイト訪問者はマイミク歓迎!
mixi ID = 25394

森を創る 森と語る
森を創る 森と語る (JUGEMレビュー »)
C.W. ニコル,今森 光彦,中村 桂子,筑紫 哲也,永 六輔
悪化する都市の環境と,放置され,失われていく各地の自然.モノに取り巻かれた生活の破綻が見えてきた今,残された生態系-森とどうつき合えばよいのでしょうか.C.W.ニコル,筑紫哲也,今森光彦,永六輔,中村桂子,各界からのオピニオンリーダーがさまざまな経験と専門領域の知恵を力を込めて語った。
森と生きる 共生進化で持続可能な木の文明
森と生きる 共生進化で持続可能な木の文明 (JUGEMレビュー »)
稲本 正
植物は、太陽の光と水があれば、生きていける。しかし人間は、酸素を供給してもらい、食料を得なければ、生きていけない。人間は果たして、もっとも進化した生き物なのだろうか…。鉱物資源を掘り起こし、森林を焼き払い、大気を汚染している人間の行いは、“競争進化”の原理に基づいている。CO2の排出抑制をはじめとする環境問題の解決が急務の今、必要とされるのは、すべての「生命」を尊重する“共生進化”の思想だ。原子物理の世界を捨て、飛騨の山奥で工芸村・オークヴィレッジを立ち上げて30年。世界の森林地帯を訪ね、トヨタ白川郷自然学校の校長も務める著者がたどり着いた、人類を救う「木の文明」とは。
“林業再生”最後の挑戦―「新生産システム」で未来を拓く
“林業再生”最後の挑戦―「新生産システム」で未来を拓く (JUGEMレビュー »)
天野 礼子
日本の林業は今、森の再生が可能かどうかの“最後の局面”にある。だが、林業の再生に向けて動き始めている人たちもいる。林野庁も新流通システムと新生産システムというメニューをつくり、間伐材をしっかり使ってゆく「社会システム構築」のために動き出した。日本の山再生に向けた新たな動きと、それを支える思想をレポート。
木と森にかかわる仕事
木と森にかかわる仕事 (JUGEMレビュー »)
大成 浩市
待望の新刊出ました!この本では、木と森にかかわる10の仕事と人を紹介しています。
森がくれる心とからだ―癒されるとき、生きるとき
森がくれる心とからだ―癒されるとき、生きるとき (JUGEMレビュー »)
浜田 久美子
森と癒しについて書かれた最初の本ではないかと思います。著者自信の再生を通じて森の力を再発見できます。また、現在ご活躍の森林に関わる方々を紹介していらっしゃいます。
森づくりの明暗―スウェーデン・オーストリアと日本
森づくりの明暗―スウェーデン・オーストリアと日本 (JUGEMレビュー »)
内田 健一
きこり出身の岐阜県立森林文化アカデミー教官が、機械化林業の指針とされるスウェーデン等へ研修に旅立った。欧州林業の実情をレポートしながら、日本の森林に山積する問題点を総ざらいして、「森づくり」の未来を洞察する。
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

bolg index このページの先頭へ