blog index

「森林で働く」(ぺりかん社)公式ブログ

新刊「木と森にかかわる仕事」はこちら!

「森林で働く」(ぺりかん社)著者の運営する公式ブログ。森林破壊を防ぎ、林業と環境の仕事で自然とともに暮らすロハスでエコな人のために。
<< 「鳩ノ巣 森林の楽校2008夏」森づくり体験50%+自然散策50% | main | 西の魔女が死んだ (新潮文庫) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


自然の話題が満載です。
| スポンサードリンク | - | | - | - |トップページへ|
マッドマックス~サンダードーム~
評価:
ジョージ・ミラー
ワーナー・ホーム・ビデオ
¥ 2,500
(2005-04-22)
この作品の第一作となる「マッドマックス」は、小学生の時に映画館で観て衝撃を受けた。なんとチープで暴力的な映画なんだ!
しかもなぜか同時上映が、高倉健さんと薬師丸ひろ子さんの「野生の証明」!

それはどうでもいいとして・・・

前作のマッドマックス2と比べても、原作のチープさがなくなってしまい、メル・ギブソン演じるマックスの悲壮感、孤独感が失われてしまったのが痛い。続編というよりも、時代設定を変えたスピンオフ作品として観たらいいのかもしれないが・・・。

事実、この作品はハリウッドからも資金が入ったそうで、なぜかティナ・ターナーも準主役として登場して、ハリウッド映画と観てもいいようだ。

ところで、ロハスな視点であるが、マックスのいる世界の設定は核戦争15年後に人類の大半が死滅した世界である。また、マックスが死闘を繰り広げるサンダードームのあるバータータウンは、豚糞を利用したメタンガスをエネルギーとして使っているのがエコだ!笑

この作品が公開された1985年は、まだ東西冷戦の最中であり核戦争が現実味を帯びていた。現在でも、その危惧はぬぐえないのだが、地球温暖化による環境危機がより困難な危機といえるだろう。

核の危機は政治によって解決できるかもしれないが、環境危機は政治によって100%解決できるとは言えない。だから、より危機的だと言える。

このまま危機を迎える前に、その前に豚糞のメタンガスやその他の代替エネルギー、そして消費抑制によって危機を回避しないといけない。

クライマックスは、マックスとティナ・ターナー率いる軍団が対決するのだが、その原因は、メタンエネルギーの技術者である、ザ・マスターの奪い合いである。技術を持った者を死を掛けてでも奪い合うという設定は、現在の方がリアリティがあると思う。





自然の話題が満載です。
| 大成浩市 | ロハスな視点で観る映画 | 17:23 | comments(0) | trackbacks(1) |トップページへ|
スポンサーサイト

自然の話題が満載です。
| スポンサードリンク | - | 17:23 | - | - |トップページへ|
コメント
コメントする


この記事のトラックバックURL
http://onari.jugem.jp/trackback/139
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2008/07/09 10:59 AM |


環境ブログ
環境問題の今! がわかります。

にほんブログ村 環境ブログへ
サイト訪問者はマイミク歓迎!
mixi ID = 25394

森を創る 森と語る
森を創る 森と語る (JUGEMレビュー »)
C.W. ニコル,今森 光彦,中村 桂子,筑紫 哲也,永 六輔
悪化する都市の環境と,放置され,失われていく各地の自然.モノに取り巻かれた生活の破綻が見えてきた今,残された生態系-森とどうつき合えばよいのでしょうか.C.W.ニコル,筑紫哲也,今森光彦,永六輔,中村桂子,各界からのオピニオンリーダーがさまざまな経験と専門領域の知恵を力を込めて語った。
森と生きる 共生進化で持続可能な木の文明
森と生きる 共生進化で持続可能な木の文明 (JUGEMレビュー »)
稲本 正
植物は、太陽の光と水があれば、生きていける。しかし人間は、酸素を供給してもらい、食料を得なければ、生きていけない。人間は果たして、もっとも進化した生き物なのだろうか…。鉱物資源を掘り起こし、森林を焼き払い、大気を汚染している人間の行いは、“競争進化”の原理に基づいている。CO2の排出抑制をはじめとする環境問題の解決が急務の今、必要とされるのは、すべての「生命」を尊重する“共生進化”の思想だ。原子物理の世界を捨て、飛騨の山奥で工芸村・オークヴィレッジを立ち上げて30年。世界の森林地帯を訪ね、トヨタ白川郷自然学校の校長も務める著者がたどり着いた、人類を救う「木の文明」とは。
“林業再生”最後の挑戦―「新生産システム」で未来を拓く
“林業再生”最後の挑戦―「新生産システム」で未来を拓く (JUGEMレビュー »)
天野 礼子
日本の林業は今、森の再生が可能かどうかの“最後の局面”にある。だが、林業の再生に向けて動き始めている人たちもいる。林野庁も新流通システムと新生産システムというメニューをつくり、間伐材をしっかり使ってゆく「社会システム構築」のために動き出した。日本の山再生に向けた新たな動きと、それを支える思想をレポート。
木と森にかかわる仕事
木と森にかかわる仕事 (JUGEMレビュー »)
大成 浩市
待望の新刊出ました!この本では、木と森にかかわる10の仕事と人を紹介しています。
森がくれる心とからだ―癒されるとき、生きるとき
森がくれる心とからだ―癒されるとき、生きるとき (JUGEMレビュー »)
浜田 久美子
森と癒しについて書かれた最初の本ではないかと思います。著者自信の再生を通じて森の力を再発見できます。また、現在ご活躍の森林に関わる方々を紹介していらっしゃいます。
森づくりの明暗―スウェーデン・オーストリアと日本
森づくりの明暗―スウェーデン・オーストリアと日本 (JUGEMレビュー »)
内田 健一
きこり出身の岐阜県立森林文化アカデミー教官が、機械化林業の指針とされるスウェーデン等へ研修に旅立った。欧州林業の実情をレポートしながら、日本の森林に山積する問題点を総ざらいして、「森づくり」の未来を洞察する。
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

bolg index このページの先頭へ