blog index

「森林で働く」(ぺりかん社)公式ブログ

新刊「木と森にかかわる仕事」はこちら!

「森林で働く」(ぺりかん社)著者の運営する公式ブログ。森林破壊を防ぎ、林業と環境の仕事で自然とともに暮らすロハスでエコな人のために。
<< 「白神山地 森林の楽校2010夏」森づくり体験50%+自然散策50% | main | ぶどうの丘 田畑の楽校2010 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


自然の話題が満載です。
| スポンサードリンク | - | | - | - |トップページへ|
熊野の山里でむらおこしに参加しませんか?
熊野の山里でむらおこしに参加しませんか?
「田舎で働き隊!」隊員募集
┗━━━━━━━

和歌山県の南部、那智勝浦町色川地区は、千年の歴史を有する山村で、
9集落に約460人が暮らしています。30年ほど前から新
規定住希望者の
受け入れに取り組み、今や住民の3分の1がIター
ン者となっています。

地域を元気にするさまざまな活動が住民主導で展開されていますが、
過疎・高齢化とともに、農地や森林の荒廃が進み、伝統文化や暮らしを
受け継ぐことが難しくなっています。

地域を守り、歴史あるむらの暮らしを次世代につないでいくため、
住民と協力して地域の活性化に取り組む意欲のある方を募集しています。

農林水産省の「田舎で働き隊!」事業
(農村活性化人材育成派遣支援モデル事業)は、
農村地域の自立的な活性化活動への従事を希望する
都市部などの人材を活用する事業です。

【業務内容】
1.色川地域の情報収集・発信・広報活動
2.色川地域の歴史文化・生活技術・行事・祭・風習・地名
などの記録、写真の収集・保存
3.移住・交流、体験観光の推進
4.地域の課題の整理、対策の検討と実施
(鳥獣害対策、水道の維持管理、防災活動など)
5.色川産品の販売促進、産業振興支援
6.色川地域の各種団体・活動の支援、連携促進

【参加条件】
●地域振興に強い関心を持つ若者、
または田舎にしっかりと溶け込める若い移住希望者
●協調性を有すること
●田舎の暮らしに適応できること
●普通自動車運転免許を取得していること
(自家用車使用の可否をお知らせください)

【待遇】
14万円/月

【宿舎】
那智勝浦町立「籠ふるさと塾」単身用宿舎
http://www.town.nachikatsuura.wakayama.jp/forms/info/info.aspx?info_id=9497
※食事は共同厨房で自炊していただきます。

【採用期間・人数】
(1)1次:2010年6月中旬〜2011年2
月中旬(8ヶ月) 1名
(2)2次:2010年7月中旬〜2011年2
月中旬(7ヶ月) 1名

【応募方法】
履歴書と志望動機を書いてお送りください(書式は自由です)。

【応募締切】
(1)1次:5月31日
(2)2次:6月30日

【選考方法】
書類審査の上、面接を行います。面接日・場所は追ってご連絡します。

【応募・問い合わせ先】
色川地域振興推進委員会事務局(那智勝浦町役場色川出張所 担
当:瀧岡)
〒649-5461 和歌山県東牟婁郡那智勝浦町大字大野2228-1
TEL/FAX:0735-56-0101
ホームページ「ふるさと色川」:http://www.furusato-irokawa.com/


JUGEMテーマ:エコライフ



自然の話題が満載です。
| 大成浩市 | イベントのお知らせ | 22:05 | comments(0) | trackbacks(0) |トップページへ|
スポンサーサイト

自然の話題が満載です。
| スポンサードリンク | - | 22:05 | - | - |トップページへ|
コメント
コメントする


この記事のトラックバックURL
http://onari.jugem.jp/trackback/183


環境ブログ
環境問題の今! がわかります。

にほんブログ村 環境ブログへ
サイト訪問者はマイミク歓迎!
mixi ID = 25394

森を創る 森と語る
森を創る 森と語る (JUGEMレビュー »)
C.W. ニコル,今森 光彦,中村 桂子,筑紫 哲也,永 六輔
悪化する都市の環境と,放置され,失われていく各地の自然.モノに取り巻かれた生活の破綻が見えてきた今,残された生態系-森とどうつき合えばよいのでしょうか.C.W.ニコル,筑紫哲也,今森光彦,永六輔,中村桂子,各界からのオピニオンリーダーがさまざまな経験と専門領域の知恵を力を込めて語った。
森と生きる 共生進化で持続可能な木の文明
森と生きる 共生進化で持続可能な木の文明 (JUGEMレビュー »)
稲本 正
植物は、太陽の光と水があれば、生きていける。しかし人間は、酸素を供給してもらい、食料を得なければ、生きていけない。人間は果たして、もっとも進化した生き物なのだろうか…。鉱物資源を掘り起こし、森林を焼き払い、大気を汚染している人間の行いは、“競争進化”の原理に基づいている。CO2の排出抑制をはじめとする環境問題の解決が急務の今、必要とされるのは、すべての「生命」を尊重する“共生進化”の思想だ。原子物理の世界を捨て、飛騨の山奥で工芸村・オークヴィレッジを立ち上げて30年。世界の森林地帯を訪ね、トヨタ白川郷自然学校の校長も務める著者がたどり着いた、人類を救う「木の文明」とは。
“林業再生”最後の挑戦―「新生産システム」で未来を拓く
“林業再生”最後の挑戦―「新生産システム」で未来を拓く (JUGEMレビュー »)
天野 礼子
日本の林業は今、森の再生が可能かどうかの“最後の局面”にある。だが、林業の再生に向けて動き始めている人たちもいる。林野庁も新流通システムと新生産システムというメニューをつくり、間伐材をしっかり使ってゆく「社会システム構築」のために動き出した。日本の山再生に向けた新たな動きと、それを支える思想をレポート。
木と森にかかわる仕事
木と森にかかわる仕事 (JUGEMレビュー »)
大成 浩市
待望の新刊出ました!この本では、木と森にかかわる10の仕事と人を紹介しています。
森がくれる心とからだ―癒されるとき、生きるとき
森がくれる心とからだ―癒されるとき、生きるとき (JUGEMレビュー »)
浜田 久美子
森と癒しについて書かれた最初の本ではないかと思います。著者自信の再生を通じて森の力を再発見できます。また、現在ご活躍の森林に関わる方々を紹介していらっしゃいます。
森づくりの明暗―スウェーデン・オーストリアと日本
森づくりの明暗―スウェーデン・オーストリアと日本 (JUGEMレビュー »)
内田 健一
きこり出身の岐阜県立森林文化アカデミー教官が、機械化林業の指針とされるスウェーデン等へ研修に旅立った。欧州林業の実情をレポートしながら、日本の森林に山積する問題点を総ざらいして、「森づくり」の未来を洞察する。
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2019 >>

bolg index このページの先頭へ