blog index

「森林で働く」(ぺりかん社)公式ブログ

新刊「木と森にかかわる仕事」はこちら!

「森林で働く」(ぺりかん社)著者の運営する公式ブログ。森林破壊を防ぎ、林業と環境の仕事で自然とともに暮らすロハスでエコな人のために。
<< 高性能林業機械 | main | 増刷決定! >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


自然の話題が満載です。
| スポンサードリンク | - | | - | - |トップページへ|
新刊「木と森にかかわる仕事」出版しました。



木と森にかかわる仕事(創森社)  文・写真=大成浩市

これからの時代に、木と森の可能性を広げるような、
10の仕事とその仕事に携わる人々の世代や性別、経歴などを紹介しています。

登場する方々です。(敬称略)

ツリークライマー 川尻秀樹
1959年、岐阜県美濃市生まれ。信州大学農学部林学科を卒業後、岐阜県職員となる。環境教育活動や野外活動に参加。樹木医、全国森林インストラクター会理事(岐阜県会長)、技術士(林業部門)、きのこアドバイザー、ネイチャーゲーム岐阜県協会理事など、多分野で活動。ツリークライミングを日本にもたらした、ジョン・ギャスライトと出会い、ツリークライミングジャパン副代表を勤める。

チェーソーアーティスト 城所啓二
1967年、愛知県豊橋生まれ。高校を卒業後、いくつかの仕事を経験した後、故郷の地域コンサルタントとして活躍する。岐阜県東栄町の地域おこし事業をとおして、チェーンソーアートに出会う。全米チャンピオン、ブライアン・ルース氏との出会いをとおして、ブロとなることを決意する。2004年5月、「有限会社チェーンソーアートプロジャパン」を設立し、以来、チェーンソーアートの普及や地域おこし事業のコンサルティングをする。
2004年11月、和歌山県龍神村へ移転。2005年、本場アメリカのチェーンソーアート競技会でチャンピオンとなる。

バイオリン職人  井筒信一
1936年、松本市生まれ。ロクロ職人の父を手伝いながら、6人兄弟の長男として一家を支える。20歳のとき、バイオリン職人を志す。11年後、独立した。制作したバイオリンが、天才バイオリニスト五嶋龍のデビューコンサートで使われるなど、高い評価を得ている。松本市の地域活動にも貢献する。現在の工房には、コンサートホールや楽器練習場も備え、多くの芸術家の集う場所となっている。

ウッドクラフト作家 木原博和
1954年、広島県東広島市生まれ。子供のころから物作りが好きで、大阪芸術大学建築学科に進学。卒業後はデザイン会社に13年勤務したのち、思い切って木工作家を志す。数年の修行期間を経て、実家近くにて、手作りウッドクラフト工房「ゆ〜もあファクトリー」を主催。ユニークな作品を作り続けている。

絵本作家 やぶうちひでみ
大阪府出身。大学で建築を学び、建築事務所に就職する。建築だけでなく環境も含んだ仕事をしたいと思い転職する。仕事は充実していたが、レオ・レオーニの絵本と出会い、絵本作家を志す。スペインでの生活を経験し、自分の生き方を見つめなおした。滋賀県近江八幡市に居を移し、絵本作家として活躍しながら、絵本作りのワークショップを開催している。

屋久島ネイチャーガイド 野々山富雄
1962年横浜に生まれる。大学時代、探検部に所属し、幻の怪獣モケーレ・ムベンベを捜しにアフリカへ探検に行った経験を持つ。卒業後、砂漠化防止NGO「緑のサヘル」に所属し、アフリカで2年間暮らす。帰国後、活動報告で訪れた屋久島に一目惚れして移住を決意、土木作業などで生活しながら、土地を購入し自力で家を建てた。現在、屋久島にてネイチャーガイドを営む。

きのこ写真家 小宮山勝司
1943年、滋賀県守山市出身。高校を卒業後、会社勤めを8年間経験。自然が好きだったので、ペンション経営を志す。長野県須坂市峰の原にて、ペンション「きのこ」を営む。写真家の伊沢正名氏との出会いもあり、きのこ専門の写真家として活躍。写真集多数。

猟師 小島一隆
1948年、富山県利賀村(現在は、南砺市利賀村)出身。有数の豪雪地帯であり、過疎に悩む村だった。高校を卒業後、富山市で左官職人として働いたのち村に帰り家を継ぐ。森林組合の現場作業員として働いた経験から、現在は山林の管理や村の猟師としても活躍する。村の伝統行事の保存などにも精力的に関わっている。

知床自然センター普及事業係長 松田光輝
1969年、知床のある北海道斜里町生まれ。高校を卒業後、日本野鳥の会レンジャーとして、ウトナイ湖ネイチャーセンターに2年間勤務する。その後、知床自然センターに勤務し、自然保護活動や自然解説員の指導を行う。世界遺産となった知床のエコツーリズムのために奔走している。
知床自然センター・ネイチャーガイド 浅野悠美  
1977年、東京都八王子市生まれ。自然と関わって生きることを夢見て、北海道の大学に進学する。以来、スケールの大きな北海道の自然に魅了される。知床財団の自然解説員として知床自然センターに勤務し、ビジターへの自然解説や自然保護活動を行う。

森林療法研究家 上原巌 
1964年、長野市生まれ。86年にミシガン州立大学農学部林学科に留学、88年に東京農業大学農学部林学科を卒業。卒業後、長野県内にある農林高校の教諭となる。養護学校での経験を経て、森林療法を本格的に学びたいと志し、大学院に再入学する。森林療法の本場ドイツでのフィールドワークなどを経験し、 2002年に森林療法研究会を立ち上げ、森林療法の普及に勤める。現在は、兵庫県立大学自然・ 環境科学研究所勤務。

自然の話題が満載です。
| 大成浩市 | 日々の暮らし | 00:35 | comments(0) | trackbacks(24) |トップページへ|
スポンサーサイト

自然の話題が満載です。
| スポンサードリンク | - | 00:35 | - | - |トップページへ|
コメント
コメントする


この記事のトラックバックURL
http://onari.jugem.jp/trackback/32
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2007/07/04 6:01 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2007/06/30 3:13 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2007/06/21 10:20 AM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2007/06/19 10:16 AM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2007/06/09 5:14 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2007/06/03 10:44 AM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2007/05/20 10:26 AM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2007/05/04 10:53 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2007/04/29 6:54 AM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2007/04/25 5:43 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2007/04/22 9:55 AM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2007/04/20 12:01 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2007/04/18 12:11 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2007/04/18 10:08 AM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2007/04/13 12:12 AM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2007/03/17 8:38 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2007/03/04 12:34 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2007/02/04 7:46 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2007/01/10 4:11 AM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2006/12/17 5:47 AM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2006/12/12 1:42 AM |
森林関係
感じいいのでTBしました。上原巌さんと講演会で実際に会ったことがあります。いい話
| ブリコラージュ | 2006/09/10 1:18 PM |
「網走・紋別・北見・知床・ウトロ」の旅館とホテル。
「網走・紋別・北見・知床・ウトロ」の旅館とホテルが探せます。
| 旅行情報サイト(旅館&ホテル) | 2006/08/26 12:34 AM |
ウトナイ湖
ウトナイ湖ウトナイ湖(うとないこ)は、北海道苫小牧市の東部にある淡水湖。ウトナイトー、ウトナイ沼などとも呼ばれる。南流する美々川が勇払川に合流する地点の1kmほど北にある。周囲は低湿地が広がり、沼が点在しているが、ウトナイ湖はその中で最大のもの。タヌキ
| 自然宝庫 | 2006/08/02 10:55 AM |


環境ブログ
環境問題の今! がわかります。

にほんブログ村 環境ブログへ
サイト訪問者はマイミク歓迎!
mixi ID = 25394

森を創る 森と語る
森を創る 森と語る (JUGEMレビュー »)
C.W. ニコル,今森 光彦,中村 桂子,筑紫 哲也,永 六輔
悪化する都市の環境と,放置され,失われていく各地の自然.モノに取り巻かれた生活の破綻が見えてきた今,残された生態系-森とどうつき合えばよいのでしょうか.C.W.ニコル,筑紫哲也,今森光彦,永六輔,中村桂子,各界からのオピニオンリーダーがさまざまな経験と専門領域の知恵を力を込めて語った。
森と生きる 共生進化で持続可能な木の文明
森と生きる 共生進化で持続可能な木の文明 (JUGEMレビュー »)
稲本 正
植物は、太陽の光と水があれば、生きていける。しかし人間は、酸素を供給してもらい、食料を得なければ、生きていけない。人間は果たして、もっとも進化した生き物なのだろうか…。鉱物資源を掘り起こし、森林を焼き払い、大気を汚染している人間の行いは、“競争進化”の原理に基づいている。CO2の排出抑制をはじめとする環境問題の解決が急務の今、必要とされるのは、すべての「生命」を尊重する“共生進化”の思想だ。原子物理の世界を捨て、飛騨の山奥で工芸村・オークヴィレッジを立ち上げて30年。世界の森林地帯を訪ね、トヨタ白川郷自然学校の校長も務める著者がたどり着いた、人類を救う「木の文明」とは。
“林業再生”最後の挑戦―「新生産システム」で未来を拓く
“林業再生”最後の挑戦―「新生産システム」で未来を拓く (JUGEMレビュー »)
天野 礼子
日本の林業は今、森の再生が可能かどうかの“最後の局面”にある。だが、林業の再生に向けて動き始めている人たちもいる。林野庁も新流通システムと新生産システムというメニューをつくり、間伐材をしっかり使ってゆく「社会システム構築」のために動き出した。日本の山再生に向けた新たな動きと、それを支える思想をレポート。
木と森にかかわる仕事
木と森にかかわる仕事 (JUGEMレビュー »)
大成 浩市
待望の新刊出ました!この本では、木と森にかかわる10の仕事と人を紹介しています。
森がくれる心とからだ―癒されるとき、生きるとき
森がくれる心とからだ―癒されるとき、生きるとき (JUGEMレビュー »)
浜田 久美子
森と癒しについて書かれた最初の本ではないかと思います。著者自信の再生を通じて森の力を再発見できます。また、現在ご活躍の森林に関わる方々を紹介していらっしゃいます。
森づくりの明暗―スウェーデン・オーストリアと日本
森づくりの明暗―スウェーデン・オーストリアと日本 (JUGEMレビュー »)
内田 健一
きこり出身の岐阜県立森林文化アカデミー教官が、機械化林業の指針とされるスウェーデン等へ研修に旅立った。欧州林業の実情をレポートしながら、日本の森林に山積する問題点を総ざらいして、「森づくり」の未来を洞察する。
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

bolg index このページの先頭へ