blog index

「森林で働く」(ぺりかん社)公式ブログ

新刊「木と森にかかわる仕事」はこちら!

「森林で働く」(ぺりかん社)著者の運営する公式ブログ。森林破壊を防ぎ、林業と環境の仕事で自然とともに暮らすロハスでエコな人のために。
プロフィール
1969年生まれ。京都大学農学部卒業。大学卒業後、森林組合職員として過疎山村に住み、林業の現場作業に従事。退職後、京都大学大学院農学研究科に入学、京都大学大学院助手を経てフリーに。在学中より、林業への就業希望者へ講演やWebを通じて情報提供を行う。現在、ノンフィクション作家、Webプロデューサーとして活躍

[自分のサイト]
http://onari.jp/

[主にインターネットビジネスとビジネス書の書評]
http://c-as.jugem.jp/

[旅行ブログ]
http://4travel.jp/traveler/kon/

新刊でました!「木と森にかかわる仕事」(創森社)
公式ブログ→http://kitomori.jugem.jp/

増刷決定「森林で働く」(ぺりかん社)もよろしく!
公式ブログ→http://onari.jugem.jp/

本作では、知床から屋久島まで、木と森にかかわる仕事をしている方を取材しています。バイオリン職人、チェーンソーアーティスト、ツリークライマーなど、木と森の可能性を広げるような仕事をピックアップしています。
続編も出すので、木と森にかかわる仕事をされている方は、こちらのコミュに登録お願いいたします。
http://mixi.jp/view_community.pl?id=1273637
m(_ _)m


森林とwebって両極端な世界かもしれませんが、もともと大学で森林政策を研究していたときに、林野庁関係のサイトプロデュースを頼まれたときから、二足のわらじを履くようになりました(^^;

学問の世界はあまり向いていなかったと思いますが、基本的に自分の仕事はプロデュースするとことなのだと思っています。

森林はプロデュースをしている対象の一つであり、インターネットというのはプロデュースをするツールです。森林をプロデュースすることで本も出版しました。これは自分をプロデュースすることにつながりましたので幸運だったと思っています。

僕が初めて自分のwebサイトを立ち上げたのが、1996年12月ですから、インターネットの世界に入ってかれこれ10年にもなります。
ちなみに、Yahoo!JAPANがオープンしたのが1996年2月です。10年ですが、隔世の感がありますね(^^;

その後、大学のサイト運営やシステム構築などもし、またデジタルハリウッドでweb制作も学びました。おかげで、どちらも本業としてやっています。

とは言うものの、本を書いて食っていくのはなかなかたいへん(--;、ということもあるのですが、物書きだけやっていく気はありません。いろいろな仕事を通じて、社会の中でジタバタ生きながら、自分の文章を書いていきたいと思っています。

なので、webプロデュースの仕事で稼いでは、旅に出て、書く、というペースで生活しています。

プロデュースという仕事は、簡単に言うと、すばらしい人やモノを世の中に伝えていく仕事だと思っています。webの仕事は、特に素晴らしい才能を持った原石のような個人や企業さまの裏方として働けるので、やりがいを感じています。

森林のことを書いていますが、性格的にはかなりインドア派だと思います。パソコン睨んでカチャカチャやる仕事は、子どものころ好きだったプラモデル作りに通じるものがあって性に合っていると思います。

小学生のときは新聞委員会委員長をやったこともあり、文章を書くことが子どものころから好きだったので、今の仕事を考えると、まったく成長していないな〜などと、驚きます(^^;

健康が第一だと思ってますので、週に一度は協栄ボクシングジムのプロにボクシングを習っています。また、森のことをやっていたら、海のことも知りたいと思うようになり、サイパンやバリなどによくダイビングに行っています。

海外旅行で行ったことのある国は、イタリア(2)、スペイン、ドイツ、スイス、フランス、エジプト、インド、ネパール(4)、タイ(6)、ラオス、インドネシア(5)、シンガポール、フィリピン、台湾(2)、韓国(4)、中国(2)、変換前の香港、アメリカ(3)、ハワイ(2)くらいです。
ダイビングが趣味なのでサイパンには何回行ったかわかりません・・・年に二回くらい行っていると思います。

一番長くいたのがネパールで、トレッキングしに行っていたので1回について一ヶ月くらいいました。政治が安定していなかったので10年以上行っていませんが、ようやく安定してきたようですので、また行きたいと思っています。

夢は自分の森を手入れしながら、今のペースで仕事をして、作家活動を続けることです。良い森を少しでも増やしていきたいと思っています。そして、それは世界平和に繋がっていくことだと思います。

ケータイサイトやインターネットの仕事では、NPOさんなど予算の厳しいところにも役立つ仕事をしたいとおもっています。

市民団体、NPO、企業などの社会貢献事業として森林を活用したい場合などに相談にのる森林活用のコンサルタントとしても活躍しています。

[webプロデュース]
http://c-as.jp/
お客さまはだいたいYahoo!の検索で一ページ目に表示されています。サイトを効率的にプロモーションしたい方はご相談ください。

最近は、携帯サイトの活用に力を入れています。

[トランスポートウェブ]
http://tpw.jp/

以下、趣味系

自分の育毛状況を日記に掲載していたのですが、あまりに育毛関係の問い合わせが多いのでブログ作りました。
http://ikumoudo.seesaa.net/
お悩みの方、参考にしてみてください。


環境ブログ
環境問題の今! がわかります。

にほんブログ村 環境ブログへ
サイト訪問者はマイミク歓迎!
mixi ID = 25394

森を創る 森と語る
森を創る 森と語る (JUGEMレビュー »)
C.W. ニコル,今森 光彦,中村 桂子,筑紫 哲也,永 六輔
悪化する都市の環境と,放置され,失われていく各地の自然.モノに取り巻かれた生活の破綻が見えてきた今,残された生態系-森とどうつき合えばよいのでしょうか.C.W.ニコル,筑紫哲也,今森光彦,永六輔,中村桂子,各界からのオピニオンリーダーがさまざまな経験と専門領域の知恵を力を込めて語った。
森と生きる 共生進化で持続可能な木の文明
森と生きる 共生進化で持続可能な木の文明 (JUGEMレビュー »)
稲本 正
植物は、太陽の光と水があれば、生きていける。しかし人間は、酸素を供給してもらい、食料を得なければ、生きていけない。人間は果たして、もっとも進化した生き物なのだろうか…。鉱物資源を掘り起こし、森林を焼き払い、大気を汚染している人間の行いは、“競争進化”の原理に基づいている。CO2の排出抑制をはじめとする環境問題の解決が急務の今、必要とされるのは、すべての「生命」を尊重する“共生進化”の思想だ。原子物理の世界を捨て、飛騨の山奥で工芸村・オークヴィレッジを立ち上げて30年。世界の森林地帯を訪ね、トヨタ白川郷自然学校の校長も務める著者がたどり着いた、人類を救う「木の文明」とは。
“林業再生”最後の挑戦―「新生産システム」で未来を拓く
“林業再生”最後の挑戦―「新生産システム」で未来を拓く (JUGEMレビュー »)
天野 礼子
日本の林業は今、森の再生が可能かどうかの“最後の局面”にある。だが、林業の再生に向けて動き始めている人たちもいる。林野庁も新流通システムと新生産システムというメニューをつくり、間伐材をしっかり使ってゆく「社会システム構築」のために動き出した。日本の山再生に向けた新たな動きと、それを支える思想をレポート。
木と森にかかわる仕事
木と森にかかわる仕事 (JUGEMレビュー »)
大成 浩市
待望の新刊出ました!この本では、木と森にかかわる10の仕事と人を紹介しています。
森がくれる心とからだ―癒されるとき、生きるとき
森がくれる心とからだ―癒されるとき、生きるとき (JUGEMレビュー »)
浜田 久美子
森と癒しについて書かれた最初の本ではないかと思います。著者自信の再生を通じて森の力を再発見できます。また、現在ご活躍の森林に関わる方々を紹介していらっしゃいます。
森づくりの明暗―スウェーデン・オーストリアと日本
森づくりの明暗―スウェーデン・オーストリアと日本 (JUGEMレビュー »)
内田 健一
きこり出身の岐阜県立森林文化アカデミー教官が、機械化林業の指針とされるスウェーデン等へ研修に旅立った。欧州林業の実情をレポートしながら、日本の森林に山積する問題点を総ざらいして、「森づくり」の未来を洞察する。
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

bolg index このページの先頭へ